楽天 楽天経済圏

楽天経済圏①「楽天経済圏」のすゝめ。仕組みとメリット解説(生活改善)

2020年7月25日

楽天経済圏というものをご存知だろうか?

簡単にまとめると、身の回りのサービスを可能な限り楽天グループのサービスに切り替えることで、最強ポイントシステム「楽天SPU」の恩恵を最大限授かることを言うんだ。

楽天経済圏の別個のサービスについては別記事で解説しているため、関連記事を参照してほしい。

今回の記事でわかること

  • 楽天経済圏とは
  • 楽天SPUの仕組みについて
  • おすすめ楽天経済圏サービス
  • ポイントの貯め方

それでは解説していこう。

 

楽天経済圏について

 

楽天経済圏とは

楽天経済圏」とは、身の回りのサービスや買い物等に関わるものを可能な限り楽天グループのものに切り替え、その相乗効果によって最強ポイントシステム「楽天SPU」の恩恵を最大限授かることを言う。

楽天経済圏の口コミ

このようにネット上でも楽天経済圏を実践している人の評判は上々のよう。

生活改善については実践している人は得をし、面倒臭がって行動していない人はお得を逃し続けている。要は「やる」か「やらない」かなんだ。

 

楽天SPUの仕組みについて

楽天SPUとは

楽天SPUとは、Super Point Up Program(スーパーポイントアッププログラム)の略で、楽天経済圏の各サービスを利用することでポイントアップ倍率が最大16倍まで上がるプログラムのこと。

この楽天SPUを利用してポイントアップ倍率を上げ、楽天市場を通じてキャンペーンやセール時にショッピングをすると通常ショッピング金額の1%のポイントが多いときで40%程度付与されることがあるというとんでもないポイントシステムなんだ。

 

楽天SPU対象サービスのポイント倍率

サービス 倍率 達成条件
ポイント付与対象
楽天モバイル楽天モバイル +1 対象サービスをご契約 楽天市場での
お買い物金額
楽天ひかり楽天ひかり +1 対象サービスをご契約
楽天カード楽天カード +2 楽天カード(種類問わず)を
利用して楽天市場でお買い物
楽天市場での
カードご利用額
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード・
楽天ゴールドカード
+2 楽天カード(プレミアム・
ゴールド)を利用して
楽天市場でお買い物
楽天銀行+楽天カード楽天銀行+楽天カード +1 楽天銀行の口座から楽天カード
ご利用分を引き落とし
楽天の保険+楽天カード楽天の保険
+楽天カード
+1 「楽天の保険」の保険料を
楽天カードでお支払い
ポイントアップ対象はお支払い月の翌月の楽天市場のお買い物
楽天でんき楽天でんき +0.5 ご加入&ご利用 楽天市場での
お買い物金額
楽天証券楽天証券 +1 月1回500円以上のポイント投資(投資信託)楽天ポイントコースへの設定・再設定が必要
楽天トラベル楽天トラベル +1 対象サービスを月1回5,000円以上ご予約し、対象期間のご利用バスのご予約は対象外 予約申込み月の
楽天市場でのお買い物金額
楽天市場アプリ楽天市場アプリ +0.5 楽天市場アプリでのお買い物 楽天市場アプリでのお買い物金額
楽天ブックス楽天ブックス +0.5 月1回1注文1,000円以上
お買い物
クーポン割引後の税込金額
楽天市場でのお買い物金額
楽天Kobo楽天Kobo +0.5 電子書籍を
月1回1注文1,000円以上
お買い物
クーポン割引後の税込金額
楽天Pasha楽天Pasha +0.5 トクダネ対象商品の購入&レシート申請で、合計100ポイント以上の獲得
Rakuten FashionRakuten Fashion +0.5 月1回以上お買い物
楽天TV・NBA Rakuten楽天TV・
NBA Rakuten
+1 NBA Rakutenもしくは楽天TV「Rakuten パ・リーグ Special」ご加入・契約更新
楽天ビューティ楽天ビューティ +1 月1回3,000円以上ご利用 予約申込み月の
楽天市場でのお買い物金額

引用:楽天市場

おすすめ楽天SPU対象サービス

楽天SPU対象サービスの全てに加入しようと思うととても大変で、普段利用することがないサービスに加入をしてもポイント還元以上の出費になってしまうということになりかねない。

そこで楽天経済圏の中でも特にお得でそれ単体でも有用なサービスをいくつか紹介する。

 

楽天カード(+2〜4%)

サービス 倍率 達成条件
楽天カード楽天カード +2 楽天カード(種類問わず)を
利用して楽天市場でお買い物
楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード・
楽天ゴールドカード
+2 楽天カード(プレミアム・
ゴールド)を利用して
楽天市場でお買い物

楽天経済圏の基本戦術。これなくしては楽天経済圏の恩恵を最低限でも享受することはできない。

通常の楽天カードは年会費無料で還元率1%と単にクレジットカード単体としても優秀なんだけれど、楽天市場で年間10万円程度買い物をする人は楽天ゴールドカードを利用して更に+2%をオススメする。

詳しくは関連記事で楽天経済圏について解説しているため参考にしてほしい。

【楽天経済圏】楽天カードのすゝめ。おすすめブランドも紹介(生活改善)

続きを見る

 

楽天銀行(+1%)

サービス 倍率 達成条件
楽天銀行+楽天カード楽天銀行+楽天カード +1 楽天銀行の口座から楽天カード
ご利用分を引き落とし

楽天カードの利用分の引き落とし先に楽天銀行を指定すると楽天市場のポイント還元率が+1%される。

楽天銀行はカード同様それ単体でも非常に優秀で、普通口座の年利が通常で0.02%でメガバンクの20倍。楽天証券を利用する人は0.1%でなんとメガバンクの100倍!

さらにATMでの出金手数料が最大で月7回まで無料といたれりつくせりの最強の銀行といっても過言ではない。

 

楽天アプリ(+0.5%)

サービス

倍率 達成条件

楽天市場アプリ楽天市場アプリ

+0.5 楽天市場アプリでのお買い物

このアプリを利用するメリットはいろいろある。

私が利用する便利な機能として有用だと感じるもののひとつは、あまり知られていないんだけれどバーコードの読み取りで楽天市場の最安値の商品検索ができるという機能。

その他にも楽天市場アプリでポイントカード用のバーコードが表示できるので、実店舗でポイントを貯めることも手軽にできる。

それらの機能にメリットを感じない人も単にアプリをダウンロードして利用するだけで+0・5%というお手軽さのため、利用しない手はないだろう。アプリ自体の使い勝手も悪くない。

 

人によってはオススメできる楽天サービス

これから述べる楽天経済圏のサービスは、万人にオススメできる物ではないものの必要な人やメリットのほうが大きく感じる人には有用なサービス。

もし他社のサービスと迷っている人はこれらの楽天サービスを候補に入れても良い。

 

楽天でんき(+0.5%)

楽天でんき楽天でんき +0.5 ご加入&ご利用

電力契約自由化から早4年以上、その恩恵を授かることをせずに、重い腰をあげられずずっと元の契約のままの家も多いのではないだろうか。

楽天でんきに変更すれば地域やお家によってはお得になることも多く、一番のメリットは「楽天ポイントで支払いができる」という点。

楽天経済圏を駆使して大量のポイントをザクザクと貯めたは良いものの、使いみちがなく大して欲しくないものを買ってしまう人もいるようだけれど、この楽天でんきの毎月の使用量をポイントで支払えば、毎月の固定費を劇的に安くすることができる可能性が大いにある。

 

楽天モバイル(+1%)

サービス 倍率 達成条件
楽天モバイル楽天モバイル +1 対象サービスをご契約

楽天モバイルは最近急激に勢力を増している第4のキャリア。

私自身はドコモ・AU・ソフトバンクの談合(?)激高携帯代には辟易し、楽天モバイルに乗り換えた。

楽天モバイルの「楽天アンリミット」を契約すれば楽天モバイルの通信範囲内なら月々の通信費がどれだけ利用しても2980円!しかも2020年7月現在はキャンペーンでその激安料金でさえ1年間無料というおおよそ通常では考えられない大出血サービス中

しかしこの安さにはやはり理由がある。

現在の楽天モバイルの通信エリアは他のキャリアと比べるととても狭く、楽天エリア以外に住んでいる人は楽天エリアの高速通信ができずにAU回線に頼ることになる(通常利用は問題なくできる)。

※2020年末には対応エリアが大幅に広がる予定

対応するスマホもそれほど多くなく、SIMカードのみを変更しようとしている人は注意が必要。

また、鳴り物入りで参入してきたものの2020年7月現在までに行政指導を5回も食らうという伝説も残している。

詳しくは以下の関連記事を参照。

楽天経済圏④「楽天モバイル」のすゝめ(生活改善)

続きを見る

 

楽天証券(+1%)

サービス 倍率 達成条件
楽天証券楽天証券 +1 月1回500円以上のポイント投資(投資信託)楽天ポイントコースへの設定・再設定が必要

楽天証券は業界ナンバー2の人気で、それ自体がとても有用なサービスなんだ。

楽天証券のシステムはとても使いやすく、楽天銀行との連携で金利がメガバンクの100倍にまで上がるというとてつもないメリットがある。

また、楽天ポイントを使ったポイント投資をすることができるので、積み立てNISAなどで毎月積み立て投資をしている人は毎月の積み立て金額にポイント分をプラスできるという非常に有用なサービス。投資の経験がない人もこれを機にポイントでの投資からスタートしてみることをオススメする。

 

楽天SPUの注意点

楽天SPUはとてもお得なサービスで、普段利用しているサービスを楽天経済圏に変更するだけで大きな恩恵を受けることができる。

しかし注意しなければいけないこととして、ポイント倍率にとらわれて普段利用することのないサービスまで契約をする必要はないということ。

楽天経済圏とは、あくまで普段使うサービスを楽天のサービスに切り替えて固定費の削減や節約、その他恩恵を授かり生活を豊かにすることで、「ポイントを無理してでも使わなければ」や「楽天のほうが割高だけれどポイントが付くから楽天で買う」や「ポイントがもっとほしいから使わないけどこのサービスを契約する」ということをしていては本末転倒といえる。

楽天経済圏に移行するときは自身の生活環境と照らし合わせ、よく検討してから移行するようにしよう。

楽天SPUの注意点
  • ポイント欲しさに不要なサービスまで契約しない
  • 貯まったポイントは固定費の支払いや積み立て投資で使う
  • 自分の生活と照らし合わせて無理なく利用する

 

楽天SPUプログラムのお得な活用方法

楽天SPUプログラムはシステムが多少複雑。

利用方法をすべて覚える必要はないんだけれど、ある程度の要点を抑えておくとスマートに利用することができる

今回はその楽天SPUプログラムの基本的な利用方法を紹介する。

 

楽天市場でのお買い物で大量ポイントゲット!

楽天市場では基本的にお買い物の合計額の1%がポイントとして受け取ることができる。

今回は例として楽天経済圏のサービスをある程度利用したと仮定して、そのお買物ポイントにどれだけのポイントが上乗せできるかを計算してみたものが以下の通り。

  • 10,000円のものを楽天市場で購入すると何ポイントもらえるか

この10,000円の商品を購入すると、通常はポイントが1%で100ポイント付与される。

楽天経済圏の基本である楽天カード会員になり、同じものを購入すると以下の通り。

楽天会員(+1%)と楽天ゴールドカード会員(4%)を合わせてポイントが5倍になる。すると先程の商品では

5倍の500ポイントをゲット!

ただ楽天のクレジットカードで支払うだけで5倍もお得にお買い物ができるというとんでもない倍率を享受することができる。

ここにセールやポイントアップキャンペーンを加算すると20〜30%は簡単に受け取ることができるんだ。

 

無理なくポイントを貯めよう

楽天経済圏の利用は本当にお得で、利用する人と利用しない人の差はとても大きくなる

しかし、利用している人同士ではそれほど大きな差はつかない

よく言われていることなんだけれど、100点満点の利用方法を目指す必要はない。70〜80点くらいを目指し、生活に無理のない範囲で楽天経済圏を利用してほしい。

 例

楽天会員(1%)+楽天カード会員(2%)+楽天ゴールド会員(2%)+楽天銀行利用(1%)+楽天アプリ利用(0.5%)+楽天でんき利用(0.5%)+楽天証券(1%)

 = ポイント常時8倍!

 

貯まったポイントを活用しよう

通常ポイント

  • 使用制限はない
  • 利用するたびに使用の期限が伸び、実質無期限

期間ポイント

  • 使いみちに制限がある
  • 使用期間が通常2ヶ月弱程度に設定されており、期間をすぎると消滅する

楽天ポイントは「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類が存在する。

通常ポイント」は楽天市場の利用がある度に有効期限が延長されるため、ある程度楽天市場を利用している人や楽天経済圏の人には実質無期限のポイント。

しかし「期間限定ポイント」は通常2ヶ月弱しか有効期限がないため、できる限り毎月貯まる期間限定ポイントはその月に利用したいところ。

そこで合わせて利用したいサービスが「楽天モバイル」「楽天でんき」「楽天ひかり」などの生活インフラの固定費や「楽天証券」

楽天モバイル」「楽天でんき」「楽天ひかり」に関しては月々の利用料を楽天ポイントで支払うことができる。楽天経済圏に移行して貯まった大量の期間限定ポイントの利用に最適なんだ。

また「楽天証券」は上限や制限はあるものの、ポイントを使って投資信託を購入することができるため月々の固定費を支払ったポイントの残りでついでに投資するなんてことが可能になるんだ。

 

まとめ

今回の記事まとめ

  • 楽天経済圏は利用をすればするほど相乗効果でとてつもなくお得になる
  • 自分の生活に合ったサービスを無理なく利用する。
  • 100点を目指そうとしない
  • 厄介な期間限定ポイントは固定費の支払いに利用する

最初の申込みや設定は多少面倒だけれど、それが終わってしまえばあとは通常通り利用するだけでお得を半自動的に享受することができる素晴らしいサービスが楽天経済圏なんだ。

楽天経済圏の他のサービスについては関連記事で解説しているため、興味があれば参考にしてほしい。

【楽天経済圏】楽天カードのすゝめ。おすすめブランドも紹介(生活改善)

続きを見る

【楽天経済圏】楽天ひかりのすゝめ

続きを見る

【楽天経済圏】最初のクレジットカードは楽天カードを選べば間違いない!と言い切れる6つの理由(おすすめ)

続きを見る

  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-楽天, 楽天経済圏
-, ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5