資格

資格に挑戦!「簿記3級」を取得しよう①簿記ってどんな資格?(生活改善)

2020年7月30日

今回から新シリーズ「資格に挑戦!シリーズ」を始める。

このカテゴリーでは

  • 資格ってどれがおすすめ?
  • どうやって勉強するのがいいの?

という人と私自身のために、私が実際に資格に挑戦し、おすすめの勉強法や勉強期間・時間などをこのブログを通じて綴っていく企画。

第一回の挑戦資格は「日商簿記3級」

そして今回の記事は前準備編になる。

今回の記事の内容は以下の通り。

  • 簿記ってどんな資格?
  • 簿記ってどんなことに活かせるの?

これらのことを解説していく。

 

 

簿記について


まずは簿記とはどんな資格か?どこで・いつ取得することができるのか?などの基本的な情報をまとめる。

 

簿記ってなに?

簿記(ぼき、英語bookkeeping)とは、企業などの経済主体が経済取引によりもたらされる資産負債純資産の増減を管理し、併せて一定期間内の収益及び費用記録することである。より平易な言い方をすると「お金やものの出入りを記録するための方法」である[1]。記帳方法によって単式簿記と複式簿記があるが、今日では、産業革命以降、企業の大規模化に伴い一般的な記帳方式である「複式の商業簿記」を指して「簿記」と称することもある。簿記の種類には商業簿記、工業簿記、銀行簿記、農業簿記などがある[2][1][注釈 1]。簿記は、会計学よりも会計における実務に近い部分を担当する。

引用:Wikipedia


難しいので簡単にすると

  • お金やモノの出入りを記録するための方法
  • 単式と複式があるが基本的には複式を指す
  • 簿記は会計学よりも実務に近い(つまり実務に役立つ)


ということ。

どんな企業でもお金を扱っていれば簿記の考え方が必要になってくるということ。

 

どの主催者の簿記資格を受験すればいい?


簿記の資格を主催している団体は主に4団体ある。

右にスクロールできます→

  日商簿記 全商簿記 全経簿記 日ビ簿記
主催者 日本商工会議所 全国商業高等学校協会 全国経理教育協会 日本ビジネス技能検定協会
試験の名称 簿記検定試験 簿記実務検定試験 簿記能力検定試験 簿記能力検定試験
主な対象者 一般社会人 商業高校の生徒 専門学校生 一般社会人
原価計算初級・初級・3級・2級・1級

3級・2級・1級

4級・3級・2級・1級・上級 3級・2級・1級

もし簿記資格の受験を考えている人は、このなかでも歴史も長く人気も知名度も規模も一番大きい「日商簿記」の受験一択と考えて良いだろう。

 

日商簿記のレベル

1級 極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル。 合格すると税理士試験の受験資格が得られる。公認会計士、税理士などの国家資格への登竜門。
2級 経営管理に役立つ知識として、企業から最も求められる資格の一つ。 高度な商業簿記・工業簿記(原価計算を含む)を修得し、財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル。
3級 業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが身に付けておくべき「必須の基本知識」として、多くの企業から評価される資格。 基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル。
簿記初級 業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが日常業務をこなすための基礎知識。簿記の基本用語や複式簿記の仕組みを理解し、業務に利活用することができる。
原価計算初級 業種・職種にかかわらずビジネスパーソンが事業の収益性を把握するための基礎知識。原価計算の基本用語や原価と利益の関係を分析・理解し、業務に利活用することができる。

引用:商工会議所の検定試験

上記の表のように5段階の難易度が用意されているんだけれど、基本的には3級から上、もっと言うと2級以上の取得を目指してほしい。

なぜなら上にも書いているように3級では基本的な知識、2級以上が実務に使える知識との評価が多いからなんだ。


取得の目的にもよるけれど

  • 簿記に興味があって挑戦してみたい!

という人は3級からチャレンジし、勉強時間がとれるようなら徐々に上の級にチャレンジすることも良いだろう。

  • 転職や就職に利用したい!

という人は2級から上にチャレンジしよう。ないよりはマシだけれど、3級を評価する企業は稀なんだ。

また後述するように、2級と3級の同日同時受験も可能

 

日商簿記3級を取得しよう

前章で「実務に利用する方は2級にチャレンジしよう」と言っているんだけれど、私は当分その予定はない。

単純な興味と勉強(あと少しブログネタ)のために受験しようと考えている。

なので私と同じような考えで3級に挑戦しようと考えている人は参考にしてみてほしい。

 

受験日はいつ?

受験できる日は基本的には年に3回、2月・6月・11月になる。

その年によって変わることがあるかもしれないのでホームページ等でよくチェックしよう。

2020年11月追記※2020年12月から日商簿記検定試験はネット試験対応になる予定です。詳しくは以下の記事を参照

【資格】日商簿記がネット試験方式に対応!今までと何が違う?【まとめ】

続きを見る

また3級はAM9:00〜11:00、2級は13:30〜15:30のため、同日に同時受験することが可能

「2級を受けたいが受かるか不安」という方は念の為3級を同時受験し、2級がもしダメでも3級を取得するという手もあるんだ。

 

簿記の有効性


簿記を取得する(した)のは良いものの

  • 簿記って本当に役に立つの?
  • どんなことに役立つの?

という人にむけて、簿記資格の有用性を解説していく。

 

簿記を取得するとどんなことに役に立つ?


簿記とは、ザックリと

  • 年間60万人以上が受験する人気資格
  • 自社や他社、その他会社の財務や経営状態がわかる
  • ビジネスマンにとっての基本スキル(と考える人が多い)
  • ビジネスだけでなく生活の役にも立つ

と、これだけの有効性がある。

 

就職・転職活動に


簿記の資格の有効性は上記で示したとおりだけれど、当然業界によっては就職や転職に有利に働くこともある。

具体的には

  • 銀行(金融機関)
  • 商社
  • 保険会社
  • 証券会社
  • その他の企業の営業・販売・企画・経理など

など、幅広い業界や職務に有効となり得るんだ。

こういった業界や職務で働こうと考えた場合、日商簿記の2級以上を取得していると有利になることが非常に多い

 

実務に


一般的に日本の(世界でも)企業の会計は簿記の技術や考え方、制度、法に基づいて進められている

どの会社でも法人化している限りは簿記の知識が必要になる。

ということは、資格を通して簿記の知識を得ることができれば、自身の働く会社、取引先、転職希望の会社などの実態を知ることができ、実務に活かすことができるだろう。

 

実生活に


簿記の知識は会社での仕事だけでなく、実生活にも役に立つ。

  • 家計簿をつけ、自分の財産等を把握する
  • 金融やお金のニュースが深く理解できる
  • ローンや買い物の損得がわかる

など、その他にもお金を使って生活している限り様々なものに役立ちそうな本当に便利な資格なんだ。

 

まとめ


簿記とは

  • 毎年大勢の人が受験している超人気資格
  • 仕事にも生活にも活かせる知識を得られる
  • 転職や就職、進学にも有利

という素晴らしい資格だということがわかったと思う。

今回の記事は以上になるけれど、私が実際に簿記検定の勉強を重ね受験する様子が気になった人は関連記事参照。

 
  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-資格
-, ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5