旅行 海外旅行

情熱と芸術の国スペイン・バルセロナ③(旅行記)

2020年8月6日

 
たおぱい
こんにちは!たおぱいです
今回の旅行記は2014年末に一人旅をした
情熱と芸術の国、スペイン・バルセロナその③です。
街中が芸術と情熱で溢れ、美味しい料理とお酒を心ゆくまで堪能することができた一週間の一人旅は、言うまでもなく6年以上経過した今でも強く心に残っています
そんなバルセロナという都市を端から端までくまなく歩き回った記録をご紹介いたします。
 
おさる君
ヨーロッパの中でもイチオシの都市だよ
前回までの記事をご覧になっていない方は、まずはそちらからご覧になってください。

情熱と芸術の国スペイン・バルセロナ①(旅行記)

情熱と芸術の国スペイン・バルセロナ②(旅行記)

 

スペイン・バルセロナ滞在2日目

スペインバルセロナ滞在2日目です。

移動で24時間も経っているので実質3日目になります

この日のメインはサグラダファミリアの内部ツアーに参加する!です。

それでは紹介していきます。

滞在しているホテルからサグラダファミリアまでは徒歩でやく10分ほど。

今回の旅は

 
たおぱい
とにかく歩き倒す!
と決めていたので、バルセロナ市内の移動はほとんど電車や公共交通機関を利用していません。
この日はサグラダファミリアの時間指定の内部見学チケットを予約していたので(かなり)早めに向かいました。

前日も小一時間何も考えず眺めていたのですが、現地に到着し改めて眺めていても少しも感動が薄れないことに驚きます。

ガウディ広場 Plaza de Gaudi

このサグラダファミリアの正面にはそこそこの規模の池のあるガウディ広場があり、そこが有名な写真スポットです。

このような構図で写真が撮れます。

ちなみに夜はライトアップされ、全く同じ場所からの撮影でもサグラダファミリアの全然違う顔を見ることができます。

またパーク内には下の写真のような南京錠が柵にたくさん付けられていました。日本にも似たような願掛けをする恋人たちが集まる公園がありますが、こういった風習は世界共通なんでしょうか?

サグラダファミリア外観

サグラダファミリア前では柵と警備員が設けられており、時間指定チケットを所持している人は、時間になると警備員にチケットを見せて入場することができるようになっています。

サグラダファミリアの入口付近です。

チケットに記載されている時間になったらゲートにいる警備員にチケットを見せ、入場しましょう。

 
たおぱい
これほどの細工がこの大聖堂全体にあるのか…
と、入り口ですでにお腹いっぱいになってしまいそうになりますが、皆さんはここであまり時間を使いすぎないようにしましょう

と言いつつガッツリ写真撮影

こちらは生誕のファサード側の「慈愛の門の扉」と呼ばれる入り口です。

なんとこちらの彫刻や構成は日本人彫刻家の外尾悦郎氏が主任彫刻家として手掛けたそうです。

イエス・キリスト生誕の際の聖母マリアと夫ヨセフです。

下の写真はそれを称える信者でしょうか。

サグラダファミリア内部に繋がる扉は「慈悲の門」

ツタとカボチャが門を覆い尽くしている様を表現する細工の細やかさと鮮やかさにまた足を止めてしまいます。

葉や花の一枚一枚、そこに寄り添う昆虫の表情は石像の質感をまるで感じさせず、活き活きとしているように思いました。

サグラダファミリア内部・聖堂

内部に入ってまず驚くことはこの空間の広さと巨大な柱や天井の荘厳さでしょう。

この聖堂の巨大な柱と天井は樹木をモチーフとしており、この世の他のどの聖堂にもない唯一無二のデザインとなっています。

観光客でごった返す空間ではありますが、背筋がピンと伸びてしまうような空気を感じます

また天井付近には光が多く取り込まれるようになっており、この広い空間にさらに広がりが生まれているように思います。

上の写真は十字架に貼り付けにされているイエス・キリストでしょうか。この付近にはベンチが用意されており、信者の方々が祈りを捧げていました。

ステンドグラスは場所によって主体となっている色が違っているようで、そのどれもが違った表情で煌めいており、比べて楽しむことができます。

内部の彫刻も外側に劣らず存在感を放っています。

一つ一つをじっくりと細部まで眺めたいところですが、確実に一週間ほどかかってしまうでしょう^^;

聖堂を一通り見学した後はエレベーターでサグラダファミリア上部に行くことができます。

この上部の見学ツアーは別プランとなっているので、チケットを合わせて買う際は注意してください

予想以上のボリュームとなってしまったため、サグラダファミリア上部の様子は次回にしたいと思います。

 
たおぱい
それでは今回はここまで!次回はサグラダファミリア上部の様子をお送りします
  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-旅行, 海外旅行
-, , ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5