旅行 海外旅行

情熱と芸術の国スペイン・バルセロナ⑦(旅行記)

2020年8月17日

 
たおぱい
こんにちは!たおぱいです
今回の旅行記は2014年末に一人旅をした
情熱と芸術の国、スペイン・バルセロナその⑦です。
街中が芸術と情熱で溢れ、美味しい料理とお酒を心ゆくまで堪能することができた一週間の一人旅は、言うまでもなく6年以上経過した今でも強く心に残っています
そんなバルセロナという都市を端から端までくまなく歩き回った記録をご紹介いたします。
 
おさる君
ヨーロッパの中でもイチオシの都市だよ
前回までの記事をご覧になっていない方は、まずはそちらからご覧になってください。
[sitecard subtitle=関連記事 url= https://taopai-blog.com/2020/08/15/spain-barcelona6/ target=]
[sitecard subtitle=関連記事 url= https://taopai-blog.com/2020/08/04/%e6%83%85%e7%86%b1%e3%81%a8%e8%8a%b8%e8%a1%93%e3%81%ae%e5%9b%bd%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%90%e3%83%ab%e3%82%bb%e3%83%ad%e3%83%8a%e2%91%a0%ef%bc%88%e6%97%85%e8%a1%8c%e8%a8%98/ target=]
 

バルセロナ滞在4日目

ランブラスストリート

ゴシック地区のランプラス通りにあるブケリア市場を後にし、ランプラス通りを港に向かって歩きます。

 
おさる君
日本で言う歩行者天国で、ストリートアーティストもたくさん活動している活気ある通りだよ

ご覧の通りの人混み。スリに注意しながら歩きましょう。

 

この日の晩に予約をしているフラメンコショーが行なわれる「コルドベス」はこのランブラスストリートにあります。

ディナーやランチを楽しんでからフラメンコショーを見ることもできます。

コルドベスのショーについては後半で紹介します。


バルセロナは芸術の街と言い切れるほど町中にアートが溢れかえっています。たおぱいがこの旅行中に写真に収めたアートを少しだけ紹介していきます。

 
おさる君
バルセロナは町中を歩いているだけで楽しめる芸術の街なんだ
 

バルセロナのシャッターアート

私が旅行した時期がちょうどクリスマスウィークだったため、シャッターを閉めて営業していない店が多かったバルセロナですが、そんなバルセロナのシャッターには90%以上の割合でグラフィティアートが描かれています

この旅行中、私が「これはかっこいい!」と感じたグラフィティアートを見つける度に写真を撮っていたのですが、膨大な数になりました^^;

そんなバルセロナのグラフィティアートを少しだけ紹介します。

細かい幾何学模様と一本だけある金歯が面白いですね。

何か昔のアーケードにあったインベーダーゲームを彷彿とさせるデザインです。

ストリートアーティストたち

ランブラスストリートには似顔絵描きのアーティストが大勢います。

観光客とみられる人々が依頼をしていて盛況していました。

ランブラス通り・港

ランブラス通りを南に端まで進むと港に到達します。

そこにはコロンブスの塔と呼ばれる背の高い塔がそびえ立ちます。

コロンブスの塔

コロンブスは、いわゆる「新大陸」を発見し、それをイサベル1世に報告するためにバルセロナに帰港したという伝説があり、カタルーニャとアメリカの交易を記念して、1888年バルセロナ万国博覧会を機に建造されました。高さ7.2mのコロンブスのブロンズ像は、カタロニアの彫刻家ラファエル・アッチェ(1854?1923)の作品で、左手でアメリカ土産のパイプを握り、右手で「新大陸」を指しているといわれています。ただし実際にはアメリカではなく地中海方向を指しています。

引用:Veltra

 

 
たおぱい
バルセロナの町中には当たり前のように馬がいるのか…
と、驚愕していたのですが、この後バルセロナで馬を見かけることはありませんでした。

マレマグナムショッピングモール

ランブラス通りの終点には年中無休のショッピングモール「マレマグナムショッピングモール」があります。
一通りこのショッピングモールを見て回りましたが特筆するものはありませんでした^^;

 

コルドベス 

夜になり、タブラオ「コルドベス」へ向かいます。

このタブラオ「コルドベス」はバルセロナ一評価の高い老舗タブラオです。

ディナー付きプランの客が優先していい席につくため、私は端のかなり見づらい席に案内されてしまいました^^;

しかしその迫力は確実に他では見ることのできない本場のフラメンコそのもので、終始圧倒されながらまばたきすら殆どせずに見入っていました。

 
おさる君
バルセロナに来たら必ず行くことをオススメするよ
 
たおぱい
それでは今回はここまで!バルセロナ一人旅もそろそろ終盤です
 
  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-旅行, 海外旅行
-, ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5