Amazon 令和最新版 商品レビュー

【令和最新版】Anero社製ドライブレコーダーと日本製品比較【レビュー】

2020年9月4日

日本のドラレコは高すぎる。

某有名アクションカムの値段と変わらないかむしろ高価なのに機能も画質も圧倒的に劣っている日本製ドライブレコーダーは、だったら少し安めのアクションカムを買って取り付けたほうがいいんじゃない?と思わされるほど。

そんな私と同じ考えの人に向けて、今回はAmazonで大人気の格安ドラレコ「Anero社製ドライブレコーダー」は日本製の製品と比べて本当に使えるのか?を解説していく。

 

今回の記事のポイント
・激安ドライブレコーダーは本当に大丈夫?

・Anero社製ドライブレコーダーのレビュー
・日本製品との比較

・Anero社製ドライブレコーダーは買いか?

 

Amazonでよく見る令和最新版とは

「令和最新版」ってなんですか?

Amazonや楽天で令和に入ってから流行している激安中華商品のキャッチコピー。

 

令和最新版」とは、簡単に言うと中華企業が中華製品を売り出すために用いたキャッチコピー。それ以上でもそれ以下でもないんだ。

 

怪しさ満点のキャッチコピー「令和最新版」

商品の紹介ページを良く見てみると、商品の説明からレビューの何から何まで怪しさ満点で、その激安さも相まって「どうせ粗悪品だろう」と考える気持ちはわかる。

でもこういったレビューや令和最新版のキャッチコピーなんかは中国産の製品だということがわかるというだけで、その商品の品質を表しているわけではないんだ。

令和最新版の良い商品の見分け方については以下の記事を参照してほしい。

【令和最新版】Amazon激安中華「令和最新版」商品は買いか?(レビュー)

続きを見る

 

安いと不安という旧世代の人たちへ

ドラレコは安心安全な高い商品のほうがいいんじゃない?

必要な機能を知り、それが全て備わっていれば激安中華商品でも大丈夫です


日本人は安い=品質を落としていると勘違いしている人がいまだに多く存在する。

なぜAmazonで売られている中華製商品は安いのか、理由がわかればあとは中華製など関係なくその商品自体の価値を考えることで買いか不買かが見えてくるんだけれど、条件反射で拒否してしまっては本当にもったいない。

詳しくは以下の記事を参照してほしい。

【令和最新版】Amazon激安中華商品が安い理由【怪しい】

続きを見る

 

ドライブレコーダーに必要な機能

 

ドラレコに求める機能


ドラレコで鮮明で見る人の心を引きつけるような衝撃的な画を撮りたい!」と考える人はいるわけもなく、もし万が一そんな人がいた場合はSONYのミラーレス一眼あたりをオススメしておく。

ドラレコの機能として最低限求められるものは

  • 万が一の事故のときに証拠になる映像
  • 夜や悪天候の映像でも事故の瞬間がわかる
  • 毎回録画ボタンを押すやSDカードに溜まった不要なデータを消すなどの手間が省けるもの

という程度のものなはず。

日本企業の製品は、スマホを筆頭に使うか使わないかわからないような余計な機能を山盛りにして値段を高価にしている印象があるんだけれど、上記の前提を踏まえドラレコに最低限必要な機能は以下の通り

  • 画素数は200万画素程度以上
  • HDR/WDR対応
  • LED信号に対応
  • 常時録画・イベント録画機能

これらの機能については以下の記事を参照。

【令和最新版】Amazon激安ドライブレコーダーを本気でオススメしてみる(レビュー)

続きを見る

 

Anero社製ドライブレコーダーの基本情報

 

スペック

  • ナンバープレートまでしっかり認識できるフルHD200万画素の映像
  • 夜や悪天候も安心のHDR・WDR機能
  • 駐車中など24時間いたずらや事故監視機能
  • 衝撃を感知し事故の瞬間の映像を保護
  • 170度広視野角&前後同時撮影

さすがはAmazonのベストセラー製品だけあって、あまりにも安すぎる値段なのに日本企業のフラッグシップモデルにも引けを取らない機能が盛りだくさん。

 

 

おすすめポイント


Anero社製のドライブレコーダーのおすすめポイントの中でも特に有用だと思うおすすめポイントを紹介する。

 

とにかく安い

上の画像はAmazonにおけるドライブレコーダーの売上ランキングです。

1位が今回紹介しているAnero社製のドライブレコーダーで、3位は日本企業のコムテック社のドライブレコーダーです。

2020年9月現在で

  • Anero社製ドライブレコーダー5,699円
  • コムテック社製ドライブレコーダー24,700円以上

値段の差は4倍以上もあるなかで、これらの商品ははたして機能にも4倍の差があるのだろうか。

 

日本企業の高級機種にも引けを取らないスペック

 

ドラレコ機能比較表
  Anero社製ドラレコ コムテック社製ドラレコ
価格 5,699円 24,700円以上
解像度 フルHD フルHD

画素数

200万画素 200万画素

明暗補正機能
(HDR・WDR)

LED信号
前後録画
駐車監視
衝撃録画ロック
製品保証 1年

1年

まとめていて呆れたんだけれど、日本製のドライブレコーダーと主要な機能はほとんど変わらないAnero社製のドライブレコーダーは4倍以上の価格差の製品のほぼ全ての機能が全く同じという結果になった。

当然日本と中国では人件費などの差があるので値段が変わってしまうことは仕方ないとはいえ、これでは近年のスマホのように日本製が中国製に駆逐される未来しか想像できない。

 

安心の1年保証

少し怪しい漢字と日本語が気になるけれど、日本社製品と変わらない1年保証が付帯していて安心。

確かに日本製品と比べると初期不良率や故障率は高い傾向にあるけれど、それも近年かなり少なくなっており、中華製品のクオリティアップを感じている。

もし万が一1年を過ぎたタイミングで壊れたとして買い替えてもまだ日本製品の値段の半額以下というハイコスパなんだ。

 

まとめ

ドライブレコーダーは万が一の保険のようなもので、事後の検証に使えないような低品質なものでは安心できないという気持ちは理解できる。

でも中華製品の近年の進化は目覚ましいものがあり、ぜひ一度は試してほしい。

今回の記事まとめ
・Amazon激安中華ドラレコは安い理由がある

・機能は日本製品と全く変わらない
・しかし値段は4倍程度差がある
・1年保証もついてくる

今回の記事は以上となるけれど、他にも令和最新版商品のレビューなどをしているので気になる人は以下の関連記事を参照してほしい。

  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-Amazon, 令和最新版, 商品レビュー
-, ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5