商品レビュー 生活改善

【自宅にデスクワーク環境構築②】曲面ウルトラワイドモニターとモニターアームを設置

2020年9月29日

最近のコロナ禍をきっかけに在宅ワーク(正確にはカフェワーク)が増え、自宅にデスクワーク環境がなかった私が快適な在宅ワークを目指して必要な製品の購入とレビューを繰り返す企画。

前回は全ての要となるデスクはニトリの「ザッキー95」に決定し、購入から設置までをお送りした。

【自宅にデスクワーク環境を構築①】デスク「ニトリ・ザッキー95」のレビュー&設置

続きを見る

今回はそのデスクにモニターとモニターアームを設置し、使用感等のレビューをしていく。

※自宅にデスクワーク環境構築まとめは以下の記事参照。

【まとめ】自宅にデスクワーク環境構築まとめ。購入設置した商品一挙紹介!【レビュー・おすすめ】

続きを見る

 

デスクワーク、在宅ワークは費用対効果バツグン

【生活改善・ブログ】自宅にデスクワーク環境を構築しようと決心した理由(おすすめ)

続きを見る


この記事でも紹介したけれど、自宅にデスクワーク環境を持たなかったために日課となったブログ執筆の9割8分は近所のカフェで行っていた。

 

だいたいきっかけは前触れもなく

ある日「あれ?今までのカフェ代で家にデスク環境作れんたんじゃね?」と唐突に気づいてしまった私は、今までの出費をなかったことにし自宅にデスクワーク環境を構築する決心をした。

【自宅にデスクワーク環境を構築①】デスク「ニトリ・ザッキー95」のレビュー&設置

続きを見る

早速上記のデスクを購入し設置したところまでが前回の記事。

 

広い画面で作業がしたい

自宅でブログ執筆をしたこともあるにはあったが、そうなったときは上の写真の彼とほとんど同じ姿勢で作業をしていた。こころなしか若干ニヤけているように見えるのもそっくりかもしれない。

しかし当然この姿勢でブログ執筆は無理があり、それから作業できる日の殆どは近所のカフェに出向いて行っていた。

自宅よりはマシな姿勢とメンタルで作業を進めることができるからという理由が大きい。


もうそんな窮屈な思いはしたくないと、自宅にデスクワーク環境を作る際にある程度の要望や願望をまとめた結果が以下の通り。

自宅に設置するデスクのイメージ

  • 部屋が広くないのでデスクは横100×奥50以内
  • モニターは可能な限り大きいもの
  • 部屋の雰囲気を壊さないデザイン
  • こだわるところはこだわり、省くところは省く


唐突な思いつきで予算もそれほど多くはとれなかったためにコダワリばかりを詰め込んでしまうとあっという間に資金が底をついてしまう。かと言って妥協をしすぎてしまっても後に買い直すことになるため結局は高くつく。

「自宅にデスクワーク環境をつくる」と決めてからの4日間は空いている時間とブログ執筆の時間は全てデスクワークに必要な用品のネット検索に明け暮れた。

 

34インチ曲面ウルトラワイドモニターという選択

上の写真のようなデュアルモニタースタイルを最初は考えたが、いざ一枚の大きなウィンドウとして利用したい時に中央の境目のベゼルが邪魔になることがどうしても気に入らなかった。

ウルトラワイドモニターを選ぶ理由

  • 中央にベゼルがないため一枚の大きなウィンドウを映すことも可能
  • 程度にもよるがモニターを2つ買うより安いことが多い
  • 配線、アーム、机の接地面積など煩わしいところは全て半分で済む
  • かっこいい
  • 超かっこいい

YouTubeやガジェット系ブロガーのデスクツアーの記事などを地の果てまで見漁っていたところで行き着いた結論が上のもの。

 

結局はカッコよさが一番の理由

私にとってはデュアルモニターよりもウルトラワイドモニターのメリットが勝り、そして何よりもどのYouTube動画もガジェット系ブロガーもウルトラワイドモニターにしている人のほうがよりカッコよく見えて正直憧れた。



レビューは以下の記事を参照してほしい。

【レビュー】憧れの曲面ウルトラワイドモニター「JAPAN NEXT JN-VC34102UWQHDR」

続きを見る

 

モニターアームならデスクを広く使える

モニターアームにも憧れた。

すっきりとしたミニマル感が最近の流行りっぽくもある。


実際には

  • デスクの接地面積を大幅に減らせる
  • 配線が隠せる
  • 画面の高さが調整できる


と超機能的なメリットも多数ある。

 

モニターアームの選定

モニターアームはどれが良いかといろいろと検討した結果、結局は楽天で一番安くて耐荷重量が高い「Flexi Mounts M11」モニターアームにすることにした。

なぜかというと結局モニターに隠れてほとんど見えなく、こだわるポイントではないから

 

ニトリのザッキー95に実際に設置する

ここからはモニターアームとモニターを実際にデスクに設置する様子をお送りする。

 

まずはモニターアームFlexi Mounts M11を設置

内容物は以下の通り。

説明書もあるが、必要な情報は「どのネジがどの部分につくか」程度のもの。非常にシンプルな構造で組み立てるのも簡単。

実際にデスクに取り付けた様子は以下の通り。思ったよりも堅牢で安物特有のチープさも感じられないがそれは私が他のアームを知らないから。

このモニターアームはVESAマウントのため本来はVESA規格対応モニターには簡単に取り付けができるはずだが、特殊な形状のためアームとモニターの間にスペーサーを取り付けることになる。

 

モニターを取り付け完成

モニターの購入からレビューは以下の記事参照。

【レビュー】憧れの曲面ウルトラワイドモニター「JAPAN NEXT JN-VC34102UWQHDR」

続きを見る


そして購入したモニターとモニターアームをデスクに取り付けた様子が以下の通り。

デスクが非常にコンパクトなためモニターが大きく見えるが実際に大きい。とてつもなく大きい。

ウルトラワイドモニターの最大のメリットは、このようにウィンドウを並べてベゼルレスで行き来できること、必要であれば一枚のウィンドウとして超巨大な画面を映し出すことができることなどを環境や作業に合わせて選択することができるという点だろう。

大きすぎるモニターのため部屋の雰囲気やバランスを壊してしまうかもしれないという懸念はあった。

しかしなんてことはない。隣にはさらにバカでかい60インチの4K液晶テレビがあるのだから。

まとめ

実際にモニターとモニターアームを取り付けてみた感想は以下の通り。

設置したファーストインプレッション

  • でかすぎるモニターは作業効率を何倍にもしてくれる
  • モニターアームであればコンパクトなデスクにもなんとか設置できる
  • 部屋のバランスは壊れない
  • やっぱりかっこよかった
  • ブログ執筆のモチベーションもついでに上げてくれた

というわけでデスクワークの基礎と言える大物の紹介はチェアを残すのみだが、それ以外にここにあと設置したい小物アイテムは

  • ワイヤレスキーボード
  • ワイヤレスマウス
  • ハブステーション
  • デスクスタンド
  • 照明


といったところ。

最初に設定した予算はとうの昔に超えてしまっているが気にしていたら先に進まないため、ここから先もこだわらないものは徹底的にこだわらない作戦で進めたい。

今回の記事は以上になるが、前回までの記事、関連記事は以下の通り。

次回はチェアの購入とレビューをお送りする予定。

【自宅にデスクワーク環境を構築①】デスク「ニトリ・ザッキー95」のレビュー&設置

続きを見る

【生活改善・ブログ】自宅にデスクワーク環境を構築しようと決心した理由(おすすめ)

続きを見る

※自宅にデスクワーク環境構築まとめは以下の記事参照。

【まとめ】自宅にデスクワーク環境構築まとめ。購入設置した商品一挙紹介!【レビュー・おすすめ】

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-商品レビュー, 生活改善
-

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5