商品レビュー 生活改善

【自宅にデスクワーク環境構築③】ワイヤレスキーボード&マジックトラックパッド&マウスパッドレビュー

2020年10月5日

自宅にデスクワーク環境構築シリーズも3回目となった今回はキーボード周りを紹介する。

MacユーザーにとってキーボードはUS配列かJIS配列かという違いはあれど選択肢はそれほど多くないけれど、今回はその中でも最も無難な選択肢をしてしまった後悔が少しばかり残っている。

前回の記事は以下参照。

【自宅にデスクワーク環境構築②】曲面ウルトラワイドモニターとモニターアームを設置

続きを見る

Macユーザーにとって最良の選択とは

Macユーザーは人と違ったことが好きだということはご存知だろうか。

下のグラフはアスキーメディアワークスとアスキー総合研究所が行ったアンケートの結果だ。

グラフの結果に如実に現れているのが「WindowsユーザーよりもMacユーザーは人と違ったことが好き」ということ。

しかし当然といえば当然ではあるが、キーボードやマウスに関しては他のMacユーザーと同じMagicKeyboardやMagicTrackpadなどのいわゆる純正品が圧倒的な人気だ。

Apple純正品が人気な理由
・サードパーティー製でMacに最適化された商品はそれほど多くない
・Mac用のサードパーティー製品は割高な傾向
・純正品の最適化された機能には大抵の場合かなわない
・信者の存在

上記の理由は私が実際に製品を徹底的に探していて感じたもので、簡単にまとめると「純正品以外を使用するメリットが薄い」んだ。

レビュー記事を書くにあたり純正品の購入は面白くも何とも無いけれど、使い勝手を捨てるわけには行かないので今回はApple純正の「MagicKeyboard」「MagicTrackpad」ついでに購入した「でか過ぎるマウスパッド」をレビューする。

 

Magic Keyboardレビュー

今回は純正品をApple Storeから購入した。

  • テンキー付き
  • JIS配列
  • スペースグレー


今回Apple純正品であるMagicKeyboardを選んだ理由はいくつかあるが「MacBookAirの使用感をそのままにしたい」という理由を最重視したからだ。

というのも、今回はデスクにモニターを設置してデスクワーク環境を構築することが目的だけれど、肝心のパソコンはデスクトップパソコンではなくラップトップ(ノートパソコン)をモニターに映し出して使用している。

【自宅にデスクワーク環境構築②】曲面ウルトラワイドモニターとモニターアームを設置

続きを見る

そのラップトップを取り外して持ち出し外出先のカフェなどで作業をすることもあるわけで、その時にいちいちキーボードなどの使用感が変わってしまっては作業効率に影響がでるはずで、これらの環境を整える根本の理由が作業効率を高めるためなのに作業効率が落ちてしまっては本末転倒だ。

でもラップトップにはないテンキー付きを選択したが、そこは大目に見てほしい。

 

相変わらずアップル製品は無駄な装飾はないシンプルなデザインで好き。

実は2019MacBookAirはバタフライキーボードで、こちらのMagicKeyboardとは構造やうち心地もだいぶ違う。

MacBookAirのキーボードは

  • ストロークが究極に浅い
  • 音はパチパチという感じで打ってる感は一応ある
  • 構造的に塵や埃に弱すぎる


というもので、お世辞にも評価が良いとは言えない。

対してこちらのMagicKeyboardは

  • ストロークは中くらい
  • 音はポチポチという感じで優しい打ち心地
  • シザー構造で2020以降のMacBookシリーズと共通


という感じ。

比べていると一目瞭然でMagicKeyboardのほうがタイピングしやすく、タイプミスも減り加えてテンキーのおかげで確実に生産性はアップした。

 

Magic Trackpadレビュー


キーボードに加えて「MagicTrackpad」も同時に購入。

MagicMouseとも迷ったが、こちらにした理由はキーボードと同じでMacBookAirと使用感を近づけるため。

ジェスチャーはMacBookのトラックパッドと全く変わらず、精度も使用感も全て同じため、MacBookユーザーは一切困ること無くMagicTrackpadを使用できるだろう。

惜しむらくはこのMagicTrackpadもMagicKeyboardもライトニングケーブル仕様だということ。

こればっかりは長年のAppleユーザーでも許せない。いつライトニングを諦めるのかと激おこ。

2つの製品はワイヤレスで充電が必要で、仕方なく一本だけライトニングケーブルをデスクに準備した。

 

でか過ぎるマウスパッドレビュー

今回はマウスを使用しないためマウスパッドは必要ないかとも思ったが面白い製品を見つけたので購入。

こちらは縦30×横60の巨大マウスパッド。

デスク全体は覆いたくないけれどキーボードとトラックパッドが並べられて手触りの良い大きいマットが欲しいと考えていたところ非常にマッチした商品を見つけた。

値段も1,000円ちょっとと安く、その割には質感も良く気に入っている。

裏面はこのように滑り止め加工がなされており、使用中にずれる心配もないが逆に動かしづらいというほどでもない絶妙な滑り止め加減。

 

現時点のデスク環境


現時点のデスク環境はこんな感じ。

すでに設置してあるライトやその他のものはまた次回以降に紹介するが、キーボードやドラックパッドがマウスパッドに完璧にマッチしており自己満足が半端ではない。

現在はこのように横に2つ並べて使用しているが、どのような形が良いかは現在試行錯誤中。

バタフライキーボードユーザーは今すぐにシザー方式のキーボードを購入して二度とバタフライキーボードには指一本触れないで欲しいと強く願うほど使い心地は向上した。

冷静に考えると最悪が普通程度になっただけで、不良が更生すると褒められて普通に真面目な人は褒められることもなく損をした気分になる状況と酷似している。

 

まとめ

「自宅にデスクワーク環境を構築シリーズ」の一番の目的は生産性の向上だけれど、今回のキーボード&トラックパッドは著しいほどの生産性の向上に寄与している。

Macユーザー以外には参考にならない記事になってしまった感は否めないけれど、Macユーザーやこれから自宅にデスクワーク環境を構築したいと考えている人は参考にしてくれれば幸いだ。

今回の記事で興味を持った人は以下の記事を参考にしてほしい。

【生活改善・ブログ】自宅にデスクワーク環境を構築しようと決心した理由(おすすめ)

続きを見る

【自宅にデスクワーク環境構築④】ほぼ完成!現時点のデスク周りはこんな感じになりました【デスクツアー】

続きを見る

【まとめ】自宅にデスクワーク環境構築まとめ。購入設置した商品一挙紹介!【レビュー・おすすめ】

続きを見る

  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-商品レビュー, 生活改善
-, ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5