ネットショッピング 商品レビュー 生活改善

【生活改善】Anker製品がセブンイレブンで取り扱い開始!おすすめは?ネットとどちらが安い?【レビュー】

2020年10月29日

Anker製品ユーザーには朗報!

10月21日より東京都内、11月から東日本エリア、12月から西日本エリアのセブンイレブンでAnker製品11種類の取り扱いが開始される。

Anker製品はAmazonを中心にモバイルバッテリーなどを主力として絶大な人気を誇る製品で、今回セブンイレブンで取り扱いが行われるおかげで、あまりネット通販サイトを使用しない層を獲得する狙いがあるとみられる。

今回の記事の趣旨

・どの製品が取り扱われるの?
・買うならどれがおすすめ?
・ネットよりお買い得?


今回は取り扱う11種類のAnker製品の紹介とその中でもセブンイレブンで購入することをおすすめできない商品やネット通販サイトとの値段の比較を行う。

 

店頭販売開始はいつから?

取り扱い開始日
・東京都内:2020年10月21日(水)
・東日本エリア:2020年11月16日(月)
・西日本エリア:2020年12月14日(月)


年内には日本全国(一部取り扱いなし)のセブンイレブン約21,000店で取り扱いが行われるようで、日本で一番店舗数が多いコンビニのほとんどでAnker製品を気軽に買うことができるのは嬉しい。

 

セブンイレブンAnker取扱製品一覧

カテゴリ 製品名 セブンイレブンの値段 Amazonの最安値 おすすめ
急速充電器 Anker PowerPort 2 Elite 2,150円 1,399円  
Anker PowerPort mini 1,299円 1,299円  
Anker PowerPort Ⅲ Nano 20W 1,780円 1,780円
USBケーブル Anker PowerLine USB-C&USB3.0ケーブル(0.9m) 699円 699円
Anker PowerLine ⅡLightning USBケーブル(0.9m) 1,135円 880円  
Anker PowerLine+ ⅡLightning USBケーブル(1.8m) 1,799円 1,299円  
Anker PowerLine Ⅱ USB-C&USB-C 2.0ケーブル(1.8m) 899円 899円  
Anker PowerLine ⅡUSB-C&Lightning ケーブル(0.9m) 1,599円 1,599円  
完全ワイヤレスイヤホン Soundcore Liberty Air 2 7,999円 7,999円  

Soundcore Liberty Neo

4,999円 4,999円  
カーチャージャー Anker Roav FM Transmitter F0 2,499円 2,499円  

※2020年11月現在の比較

当然といえば当然かも知れないけれど、ネット上の値段よりも低く設定している製品は一つもなかった。

AnkerおよびSoundcore製品の中から、リモートワークや外出先・旅先でのニーズを考慮して計11製品を厳選。

手頃な価格で携帯性に優れた製品をラインナップしています(※対象製品は変更する場合があります)。

引用:Anker

Ankerの狙い
・リモートワーク需要
・外出時の緊急用
・旅行先のニーズ
・手頃な価格帯の製品が中心



モバイルバッテリーがウリであるAnkerなのに、ラインナップにモバイルバッテリーが一つもないことには少し驚いたものの、よくよく考えるとあまり緊急時では必要にはならないのかも知れない。

例えば外出先でモバイルバッテリーを購入したとして、そのモバイルバッテリーの充電が必要であれば結局はコンセントが必要になる。

つまりコンセントを介して充電ができれば十分なわけで、そのために大きくてかさばるモバイルバッテリーをわざわざ買う必要もないのかも知れない。

しかし今後対象商品は変更になる場合があるため、近いうちに小さくて軽いモバイルバッテリーもラインナップに上る可能性はあるだろう。

 

これはセブンイレブンで買うな!

輸送のコスト面や人件費などを考えると当然ではあるけれど、セブンイレブンでの取扱製品の中でネット上の値段を下回る、つまりコスパの良い製品はない。

しかしネット通販のほうが安い製品も3つのみで、その他は値段が変わらないのはある意味企業努力のなせる技だろう。

そのセブンイレブンで買ってはいけないAnker製品2選は以下の通り。

Anker PowerPort 2 Elite

セブンイレブンで買ってはいけない理由
・Amazonでは700円以上安い
・これを買うなら他の充電器がおすすめ



これは単純にAmazonで買うと700円以上も安く購入することができるため、セブンイレブンで買うことはおすすめできない。
製品自体は悪くはないものの性能はひと世代前という印象で、充電する製品によっては24Wではスピードに不満がある人もいるかもしれない。
これを買うのであれば同じくセブンイレブンで取り扱いのあるAnker PowerPort miniAnker PowerPort III Nano をおすすめする。
 

Anker PowerLine ⅡLightning USBケーブル(0.9m)

セブンイレブンで買ってはいけない理由
・価格が割高
・もっとも需要がありそうなため割高に設定?
・iPhoneユーザーを狙い撃ち


 
こちらは今回のラインナップで一番需要がありそうな製品でああるけれど、だからこそ価格が割高に設定されている
ネット上の最安値と比べると300円近くの差があるため、緊急時以外は購入することをおすすめできない。
しかし実は同じく取り扱われているアップル純正のiPhone用ケーブルと比べるとこちらのケーブルのほうが安い。
そのためiPhone対応ケーブルを買おうと思うと他に選択肢がなく、仕方なく割高のこちらの製品を買うしか無いという状況になりかねないが、できることなら事前に準備しておきたい。
 

まとめ

今回セブンイレブンでAnker製品が取り扱われたことは、製品がより身近になるという点に置いてはメリットと言える。

しかし当然ながら輸送や人件費に関わるコストは増すわけで、すべての製品をコストの比較的低いネット販売と合わせるわけに行かないということはいかないという理屈は理解できる。

セブンイレブンでAnker製品を取り扱うということにおいて、消費者側のメリット・デメリットをまとめた結果は以下の通り。

○消費者側のメリット
・配送を待たずに手に入れられる
・外出、旅行先でも手軽に入手できる
・商品によってはネット上と値段が変わらない

✕消費者側のデメリット
・一部割高な商品がある
・手軽すぎて出費につながる
・選択肢が少なく比較ができない


メリットに関しては説明の必要がないほどシンプルなものだけれど、デメリットは少し難しい消費者心理、いわゆるマーケティングによる購買意欲を刺激された結果によるものなんだ。

コンビニがあれだけ規模と売上を伸ばすことができたのはその手軽さと便利さによるもので、今回Ankerはその手軽さと便利さを借りてシェアを一気に伸ばそうという戦略のように思える。

買うことが容易だからあまり考えずに購入し、あまり選択肢がなく比較ができなくてもそういう層には関係がないのだろう。

当然のことを言うようだけれど、こういった商品は事前にしっかり準備し、余計に買うことの無いように気をつけたいもの。

今回の記事は以上になるけれど、このように日々の生活をちょっと良くする記事や商品レビューを他にもおこなっているため、興味があれば以下の関連記事をご覧いただきたい。

【楽天経済圏】楽天ひかりが遅いと感じる人が確認するべき6つのこと【速度改善】

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-ネットショッピング, 商品レビュー, 生活改善
-

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5