商品レビュー

【素人が調べてみた】M1チップ搭載で何が変わる?新MacBookでできるようになることやおすすめポイント

2020年11月11日

かねてから噂されていたM1チップ(Appleシリコン)搭載のMacBookが、日本時間11月11日午前3時に発表された。

結論から言うと、発表会の内容がそのままならM1チップ搭載MacBookは以前のMacBookと比べて序盤ではぐれメタルを倒した勇者のような劇的な進化を遂げている。

今回の記事でわかること
・新MacBookの進化したポイント
・新MacBookでできるようになること
・新MacBookのデメリット

・どんな人におすすめ?

私はパソコンの専門家でもなんでもないので、解説には認識が甘かったりツッコミどころもあるかもしれないけれど、素人が必死に調べて同じく素人にもわかりやすくまとめてみたつもりなんだ。

しかし結局は実機が発売されて実際に触ってレビューがされないことには本当のところはわからないということは注意が必要。

※2020年11月追記
新型MacBookの疑問点についての回答やインプレまとめは以下の記事参照

M1チップ搭載MacBookの不安は結局どうだった?疑問回答&インプレまとめ

続きを見る

 

M1チップ搭載MacBookの進化したポイント

私自身が説明されても興味の薄い細かい性能やベンチマークなんかは今回の記事では説明することはない。

今回解説したいことは

  • 要は実際に体感できるものでどんなことが変わった?
  • 私と同じでパソコンに詳しくない人にも伝わる進化ポイント

といったところなんだ。

そして最初に断っていたとおりで実際のところは発売されて実機を使用してみないとわからないので、今回はイベントで発表された内容を解説するに留まることになる。

 

M1チップ搭載で進化したポイント

従来のMacBookにはintel製のチップ類が使用されており、パソコン内部にバラバラに配置されていた。

それらは配線などで繋がっていたためにパワーロスや余分な熱も生まれていたんだ。

そこで今回Appleは自社のMac専用に様々なチップを一つにまとめた「M1チップ」を独自に開発し、今回のMacBookから搭載されることになった。

Mac専用のM1チップ搭載で変わる、わかりやすい進化点は以下の通り。

  • パワーロスがなく電池持ちが劇的な向上
    (MacBook Pro 10h→20h)
  • Macのために開発されているためパフォーマンスが素晴らしい
  • ついでにiPhoneやiPadのアプリも動く

細かいことはよくわからない!という人も従来のMacBook Proの電池持ちが10時間から倍の20時間になったところには素晴らしい進化だと体感できるだろう。

他にも下で少し詳しく説明するけれど、Mac上でiPhoneやiPadのアプリが動作するようになるようだ。しかし事前情報では最初は全てのアプリではなく限定的だとされている。

 

M1チップ搭載の新Macで快適にできるようになること

M1チップ搭載の恩恵でできるようになることは以下の通り。

  • iPhoneやiPadアプリがMac上で動作する
  • グラフィック性能の向上で動画や画像の編集が爆速になる

普段からApple製品を多く使用している人やクリエイティブな仕事をしている人、あるいは最近流行りのYouTuberなんかにはとてもありがたい進化と言えるのかもしれない。

 

iPhoneやiPadアプリがMac上で動作する

Mac上でiPhoneアプリが使用可能
・互換性などの向上が期待される
・Macアプリと合わせて選択肢が広がる
・現在は非対応を表明のアプリも

Appleが自社製品のために専用設計している副産物としてMac上でiPhoneやiPadのアプリが動作する今までにない画期的な機能が発表された。

これによりMacで使用するアプリの選択肢が大幅に増え、使い勝手の向上が予想される。

しかし注意したいことが、そのまま今現在iPhoneアプリとして使われているものの全てがMac上で動作するわけではないということ。

特に競合他社製(Googleなど)のアプリは現在は非対応を表明しているようだ。

 

グラフィック性能の向上で動画や画像の編集が爆速になる

M1チップで動画性能の向上
・従来の5倍のグラフィック性能
・特にApple製の動画編集ソフトで効果大
・新たな動画編集マシンとしての選択肢に

以前のMacBookは動画編集や画像編集などグラフィック性能が必要な作業には若干不満を覚えている人もいた。

M1チップ搭載MacBookProではグラフィック性能がなんと驚愕の従来比5倍!

Final Cut ProなどのApple製の動画編集ソフトなんかでは特に恩恵が大きく感じられるはず。

これから動画編集をしてみたいという人にも最適な選択肢かもしれない。

 

新MacBookのデメリット・欠点

M1チップ搭載か否かに関わらず、新MacBookにはいくつかのデメリットも実は存在しており、それをどう捉えるかはユーザー自身の判断になる。

✕ 新MacBookのデメリット
・メモリが16Gまでしか選択できない
・BootCampができないとされている
・MacBookProとAirに違いがあまりない

 

メモリが16GBまでしか選択できない

従来のMacBook Proでは32GBまで選択することができたけれど、新MacBookProでは16GBまでしか選択することができない

タダでさえメモリを食うとされるGoogleChromeのタブを複数起動しながら動画編集なんかをするとメモリが足りなくなってしまうのではないかと思うんだけれど、M1チップによってそこはある程度改善されているのかもしれない。

 

BootCamp(Windows)が使用できないかも

MacBookにWindowsをインストールして使用している人も少なくないのだけれど、intel製のチップからMac独自のチップに変更になった弊害として、このBootCampが利用できなくなるとされている。

新MacBookでもBootCampを利用したいと考えていた人は要注意。

 

MacBookAirとMacBook Proの違いがあまりない

左がMacBookAirで右がMacBook Proなんだけれど、違いをいくつ見つけることができるだろうか?

細かい所の仕様の違いはあるけれど、素人でもわかりやすい違いは

  • バッテリー持ちが二時間の差
  • Touch Barがあるか否か
  • 記載はないけれどポートの数
  • ファンの有無

たったこれだけなんだ。

M1チップに統合された影響で、MacBookAirも上位機種を選択するならどちらも同じチップを搭載しているため性能の違いはほとんどない。

サイズに関してもAirという名も今は昔で、Proとサイズや重さの違いも現在はほとんどない状態で性能すら差別化ができないのであればライトユーザーには選択が難しいと感じるだろう。

 

新MacBookはどんな人におすすめ?

デメリットもあるにはあるけれど、新MacBookをこんな用途の人には非常にオススメしたい。

新MacBookを買うべき人
・外でパソコン作業が多い人
・動画や画像編集がメインの人

 

外でパソコン作業が多い人

MacBookAirは従来比1.5倍の18時間のバッテリー持ち、MacBookProにいたっては従来比2倍20時間という驚愕の省電力大容量化を図っている新MacBookは、外に持ち運んで作業が必要な人には非常におすすめのノートパソコンとなった。

これほどのバッテリー持続時間をもつノートパソコンはほとんどなく、外での作業時間を一番重要視する人にとっては最強の選択肢だろう。

 

動画や画像編集がメインの人

当然ながら実際に使用した人のレビューが出揃うまでは本当のところはわからないんだけれど、GPUの劇的な性能アップでFinal Cut Proに関しては3Dレンダリング速度が5.9倍にもアップしている。

他社製のソフト、つまりAdobe社製のソフトなんかも同じくらいの速度や快適性のアップを保証しているわけではないけれど、従来機に比べて動画編集も画像編集も大幅なスピードアップはまず間違いないだろう。

 

まとめ

新M1チップ搭載Macの大きな変更点
・パワーロスがなく劇的なバッテリー持ち向上
・Appleの全てに最適化されている
・iPhoneやiPadアプリが動作する
・値段は据え置きかむしろ安いとの声多数

新M1チップ搭載のMacは、噂に違わぬ素晴らしい性能を持った新時代のMacと期待されている。

2020年11月11日現在はまだ発売されておらず、本当のところは購入者のレビュー待ちになってしまうんだけれど、それでも発表どおりなら期待がほとばしる最高のパソコンといえるはず。

※2020年11月追記
新型MacBookの疑問点についての回答やインプレまとめは以下の記事参照

M1チップ搭載MacBookの不安は結局どうだった?疑問回答&インプレまとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-商品レビュー
-, ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5