楽天 楽天経済圏

【楽天経済圏】楽天ゴールドカードが改悪!楽天ゴールドカードユーザーは今後どうするべき?【代替案・損益分岐点】

2021年1月14日、突如発表された「2021年4月1日から楽天ゴールドカードユーザーの楽天市場でのポイント還元が4%から2%に変更」というニュースが楽天経済圏界隈と世間を賑わせている。

私自身も楽天経済圏の住人で、パスポートと言うべき楽天ゴールドカードも当然所持しており日常的に使用もしている。

今回はそんな私と同じ楽天ゴールドカードユーザーが今後どうするべきかをいくつかの選択肢を提示するとともに解説していく。

今回の記事のポイント

  • 今回の倍率改悪のポイント
  • 楽天ゴールドカードを今後も使うべきか?
  • 乗り換えるとすればどれがオススメ?

それでは早速解説していこう。

 

楽天ゴールドカードの倍率改定の要点

2021年1月14日、楽天カードから「楽天ゴールドカードサービス改定のご案内」というものが発表された。

変更内容の要点をまとめると以下のとおり。

楽天ゴールド改定の要点

  • 2021年4月からSPU倍率4%→2%
  • これによりSPU倍率が一般カードと同倍率に
  • 月間獲得上限は変わらず(上限5,000p)
  • 新たに特典として誕生月ポイントサービス付加(上限2,000p)
  • 上記以外の変更は無し(年会費も据え置き)

これらの要点を以下に解説する。

 

SPU倍率が4%から通常カードと同率の2%に

   右にスクロールできます→

 
楽天ゴールドカード 楽天一般カード 楽天プレミアムカード
年会費 2,200円(据え置き) 無料 11,000円
カード利用還元率 100円利用につき1%
SPU還元率 2021年3月まで:+4%
2021年4月から:+2%
+2% +4%

 

楽天経済圏の要であった楽天ゴールドカードのSPU倍率が+4%から+2%へと改定になり、これにより楽天ゴールドカードのSPU倍率が無料の通常カードと同倍率になった。

一般カードは変更なし+2%、プレミアムカードも変更なく+4%のままという点は注意してほしい。

 

新たな付帯特典「お誕生月サービス」

2021年3月までは楽天プレミアムカードのみの特典であった「お誕生月サービス」が、2021年4月からは楽天ゴールドカードにも付帯されることとなった。

楽天ゴールドカードにおけるお誕生月サービスは以下のような特典。

お誕生月サービス内容

  • 会員の誕生月の楽天市場での買い物でポイントが+1倍
  • 年間のポイント獲得上限は2,000pまで

このサービスにも上限が設定されており、どんなに買い物をしようとポイント獲得上限は2,000pまでとなる。

 

年会費は据え置き

 
楽天ゴールドカード 楽天一般カード
年会費 2,200円(据え置き) 無料
カード利用還元率 100円利用につき1%
SPU還元率 2021年3月まで:+4倍
2021年4月から:+2倍
+2倍
空港ラウンジ 国内年間2回まで無料
カード付帯保険 海外旅行保険最高2,000万円 海外旅行保険最高2,000万円
その他特典 2021年4月から:お誕生月サービス(上限2,000p)

楽天ゴールドカードの年会費については今後も変わらず2,200円のままとなる。

その他のカードについては年会費の改定はなく、一般カードも無料のまま。

 

楽天ゴールドカードは乗り換え必須

   右にスクロールできます→

 
楽天ゴールドカード 楽天一般カード 楽天プレミアムカード
年会費 2,200円(据え置き) 無料 11,000円
カード利用還元率 100円利用につき1%
SPU還元率 2021年3月まで:+4倍
2021年4月から:+2倍
+2倍 +4倍
空港ラウンジ 国内年間2回まで無料 国内無料
海外プライオリティパス無料
カード付帯保険 海外旅行保険最高2,000万円 海外旅行保険最高2,000万円

海外旅行保険最高5,000万円
国内旅行最高5,000万円
動産保険最高300万円

その他特典 2021年4月から:お誕生月サービス(上限2,000p)
ETCカード年会費無料
お誕生月サービス(上限2,000p)
選べるサービスコース
ETCカード年会費無料

 

ここでハッキリと言ってしまうと楽天ゴールドカードは使う価値のないカードとなった。

楽天ゴールドカードから乗り換えるべき理由

  • SPU倍率が無料カードと変わらない
  • 空港ラウンジ年2回は旨味がない
  • お誕生月サービスの上限がショボすぎる
  • 年間ポイント獲得上限が96%減
  • この改悪で年会費据え置きはありえない

 

ポイント獲得上限が実質96%(58,000P)も減る

ポイント倍率廃止によって

  • 今までは年間最大60,000pが獲得できた
  • 改定後は年間最大2,000pまで
  • ポイント獲得上限96%減の大改悪

今までは楽天ゴールドカードのSPU倍率のみを考えたときに、楽天市場でのお買い物で年間に最大で60,000pを獲得することができた。

これが今回の改定により、ポイント倍率廃止とお誕生月サービスを含めて年間で誕生月のたった一ヶ月のみ、しかも上限2,000pしか獲得することができなくなった

ポイント獲得上限が実質96%減したといえる大改悪で、このポイント倍率のためだけに入会する価値のあった楽天ゴールドカードだったものが、一気に利用価値のない年会費を垂れ流すだけのコスパ最悪カードへと成り下がってしまった。

 

ポイント倍率以外のサービスを考慮しても全く魅力がない

ポイント倍率を一旦置いておいて、その他のサービスを見ると以下のとおり。

年会費無料の一般カードよりは多少マシと言える程度のサービスというだけで、年会費をわざわざ支払ってこれらのサービスのためだけにゴールドカードを使い続けるメリットは薄すぎるんだ。

楽天ゴールドカード特典

  • お誕生月サービス
  • 国内空港ラウンジ年2回無料
  • ETCカード年会費(550円)無料
  • 国内空港ラウンジ年2回無料

飛行機を年二回以上利用する人はさほど多くなく、利用するとしても私なら一般ラウンジに魅力を感じない。

利用対象者があまりに多くゆったりできず、結局は外のベンチで待機するのとほとんど変わらないためだ。

 

  • ETCカード年会費無料

こちらのETCカード年会費の550円が無料となるサービスは、一見すると価値があるように見える。

しかし実は「楽天ポイントクラブ会員ランクがダイヤモンドかプラチナならETCカードの年会費は無料になる」ということはご存知だろうか?

楽天ゴールドカードを利用する人のほとんどはポイントクラブ会員のランクがダイヤモンドかプラチナには楽になっているはずで、わざわざこのETCカード年会費無料のために今後も楽天ゴールドカードを継続する旨味など一切ない。

 

 

今後も楽天ゴールドカードを使うべきか?

今後も楽天ゴールドカードは利用価値があるか?

NO! 全く旨味はないので必ず乗り換えるべき

ここまでいろいろと解説してきたんだけれど、楽天ゴールドカードは今のままの改定では全く利用価値のないゴミカードに成り下がったと言わざるを得ない。

楽天ゴールドカードから乗り換えるべき理由

  • SPU倍率が無料カードと変わらない
  • 空港ラウンジ年2回は旨味がない
  • お誕生月サービスの上限がショボすぎる
  • 年間ポイント獲得上限が96%減
  • この改悪で年会費据え置きはありえない

 

乗り換えるならどのカード?損益分岐点は?

あまりの改悪にネット上では批判の声が続出しており、限りなく低いが今後なにか救済策が提示される可能性はある。

しかしそれを待っていても仕方のないことであり、結局はガッカリさせられるだけだろう。

ゴールドカードを切り捨てることは決意したけれど、問題は「どのカードに乗り換えるべきか?」というところ。

今後の選択肢

  • 無料の一般カードに乗り換える
  • 楽天プレミアムカードに乗り換える
  • そもそも楽天経済圏から脱出する

今までの楽天ゴールドカードが異常にお得だったこともあって、それと同等のサービスやポイント倍率を受けられるカードというものは2021年1月現在は存在しない。

どうしたって今までよりは損をしてしまうため、上の選択肢から各々に合ったものを選んでもらうしかない。

 

無料の一般カードに乗り換える

無料の一般カードに乗り換えるメリットは以下のとおり。

一般カードのメリット

  • 年会費がかからない
  • 楽天経済圏自体はまだまだ有能
  • 改定後ゴールドカードとほぼ変わらないサービス
  • 楽天経済圏ライトユーザーにおすすめ
  • 一般カードへの移行が最も無難な選択肢といえる

2021年1月現在では年会費無料の一般カードへの移行が最も無難な選択肢と言える。

受けられるポイント倍率も有用なサービスもほとんどゴールドカードと変わらず、ほぼ同じ使い心地のまま年会費が無料になるからだ。

そもそも楽天一般カードは他社の無料カードと比べると優秀なカードではある。

特に楽天経済圏のライトユーザーにおすすめ。

 

楽天プレミアムカードに乗り換える

楽天プレミアムカードに乗り換えるメリットは以下のとおり。

プレミアムカードのメリット

  • ポイント倍率が変わらず+4%
  • 一段上の空港ラウンジが利用できる
  • ポイント上限が年間で18万ポイントと圧倒的
  • 楽天経済圏ヘビーユーザーにおすすめ
  • 年間55万円以上楽天市場の利用でモトがとれる

プレミアムカードに関してはポイント倍率が変わらず+4%であり、なんといってもポイント獲得上限が年間で18万ポイントと圧倒的な点は魅力的。

しかしネックは年会費が11,000円もかかってしまう点で、この年会費分をポイントで取り返そうと思うと楽天市場で年間で55万円以上の買い物をしなければいけない計算になる。

この55万円以上の買い物という点がいわゆる損益分岐点となっており、これ以上利用するという楽天経済圏のヘビーユーザーならプレミアムカードへの変更を考慮してもいいだろう。

 

そもそも楽天経済圏から脱出する

楽天経済圏からの脱出

  • まだまだ楽天経済圏が一歩リード
  • 他企業も経済圏を構築しつつある
  • 一般カードに乗り換えて様子を見るのもアリ
  • それでもゴールドカードは乗り換え推奨

まだまだ楽天経済圏は非常にお得だと言えるサービスではあるけれど、最近の楽天グループの業績の悪さやそれに伴ったサービス改悪はだんだんと目立ってきており、ある意味楽天経済圏の限界が透けて見えてきたとも言える。

今までは並ぶもののない利用価値の高い非常に有用なサービスだったために、比較対象がそもそも存在しなかった。

今後は楽天経済圏の自滅と合わせてドコモやその他企業も似たような経済圏を続々と構築しだしており、選択肢は大幅に広がってくるだろう。

それでもまだ現在は楽天経済圏が頭一つ抜けているサービス経済圏なので、他企業の経済圏がある程度整うまでは、とりあえずは一般カードに乗り換えて様子をみるということを推奨する。

繰り返すようだけれど、それでもゴールドカードに利用価値はないので、ゴールドカードだけは脱出しておくべきなんだ。

 

まとめ

今回の記事をまとめると以下のとおり。

楽天ゴールドカード改悪まとめ

  • ゴールドカードは乗り換え必須
  • 一般カードへの移行が無難
  • 損益分岐点を超える人はプレミアムカード
  • まだまだ楽天経済圏自体はお得なサービスではある
  • その他企業の経済圏も続々と増えてきている

あれだけお得なサービスはその財源も当然莫大に必要であり、最近の楽天モバイルの展開なんかと合わせて無理が生じた結果かもしれない。

上でも少し解説したんだけれど、他企業も続々と経済圏を構築しており、今後は楽天を超える経済圏が出てくる可能性もある。

しかしまだ2021年1月現在は楽天経済圏のお得さが頭一つ抜けており、まだまだ利用価値はあると言える。

今回の記事は以上となるけれど、楽天経済圏に関しては他にもお得な情報を解説しているため、興味があれば関連記事を参照してほしい。

【楽天経済圏】楽天ひかりが遅いと感じる人が確認するべき6つのこと【速度改善】

続きを見る

楽天経済圏①「楽天経済圏」のすゝめ。仕組みとメリット解説(生活改善)

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

たおぱい

元教員で学校では教えてくれないことを勉強するのが大好きなたおぱいです!このブログでは私のこれまでとこれからの経験、知りたいことを皆で一緒に共有し、人生や生活改善に役立つ発信をしたいと思っています。 コンテンツは日々の生活をちょっと良いものにするガジェットレビュー、生活改善情報、お得なネットショッピングについてなど。 好きなことはスポーツ全般(特に球技)、海外旅行、授業をすること、スポーツアパレル(ナイキLOVE)

-楽天, 楽天経済圏
-, ,

© 2021 たおらいふ Powered by AFFINGER5